シミの原因とは?種類が全部で6種類もあるって知ってますか?

あなたはシミが6種類もあるって知っていましたか?シミの種類によって対策も変わってくるんですよ。

美白の為にしている事

time 2017/04/04

私は美白命の女性です。

元々、職業が某メーカーの美容部員でしたので、肌の構造や、化粧品成分の働き等の知識が備わっておりますので、退社しました現在もその知識を自分なりに活かしまして、美白ケアを行っています。

現在は若気の至りで日焼けサロンへ通っていましたり、海へボディボードをしていました時のシミが年齢と共に出てきまして、そのシミのケアと、肝斑(かんぱん)に悩んでいます。

顔全体は20歳位の時から美白ケアを始めましたので、色白です。

しかし、色白だからこそ茶色いシミや、肝斑(かんぱん)が余計に目立つようになってしまっています。

まず、紫外線対策はオールシーズン完璧にしています。

顔からデコルテ部分はオールシーズン日焼け止めを必ず使用しています。

そして、紫外線が1番ピークになります5月からは、日傘や帽子は必須アイテムです。

そして、紫外線は目から入るものが多いですので、サングラスもオールシーズンの必須アイテムです。

スキンケアは、もちろん美白ケアのシリーズを使っています。

徐々に薄くはなってきていますが、肝斑(かんぱん)はスキンケアでは改善されませんので、現在は外側からのケアと、内側からのケアを心がけまして、スキンケアにプラス、美白、肝斑(かんぱん)のサプリメントで一生懸命ケアをしています。

塗り損ねてしまったのが、大きなシミの始まり。

私は趣味で、サーフィンをしています。

ですので、一年を通して海に入っているので、日焼けがどうしてもついてきます。

顔だけは、念入りに日焼け止めクリームを塗っているのですが、やはりシミは沢山あります。

10代からそういった生活で、20年間繰り返しているので、シミも年齢とともに消えにくくなってきたように感じます。

対策としては、専用のシミ消しクリームや、美白クリームを使っているのですが、正直薄くなっているような、いないような、あまり効き目を感じてはいません。

とくに気になっているのが、目の横なのですが、そこは日焼け止めクリームがちゃんと塗れていなかったのか、若いころに出来てしまって、全く消えないところです。

そして、大きくて、すごく気になっています。

それ以来、目の横はかなり、気をつけて塗っているのですが、時すでに遅しです。

早く出掛けたくて、ささっと用意してしまったことを、年齢を重ねて後悔しています。

今は、これ以上増やさないようにと、普段の仕事に行くときから、日焼け止めを使うようになりました。

若い頃は、海にいくとき以外はあまりつけていなかったので。

みなさんやっていることなのでしょうが、正直面倒です。

でも、また時すでに遅しに、ならないように日頃の積み重ねを大事にしようと思ってます。